Information

*肺炎球菌ワクチンは随時受け付けております。

*高濃度ビタミンC点滴についてお気軽にご相談ください。
(自由診療)

*プラセンタ点滴は初診日から可能です。

*AGA(男性型脱毛)の治療行っております。

ご挨拶

ホームページをご覧いただき、

ありがとうございます。


当クリニックでは

一般的な皮膚の病気

アレルギー症状、小児皮膚科など

幅広い診療を行っております。

皮膚科学に基づいた美容医療

併設のサロンにて行っております。


患者様のお悩み、お困りをお聞きし

最良の治療を心がけてまいります。


どうぞお気軽にご相談ください。


美容皮膚科(症状で探す)

しみを取りたい
しわを取りたい
にきびを治したい
毛穴の開きを治したい
たるみをどうにかしたい
初診の方は、皮膚科の診察後に美容皮膚科治療のご予約をしていただきます。

しみの治療

しみの種類
  • 日光色素斑(老人性色素斑) 
  • 肝斑
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 炎症後色素沈着
※しみの治療は種類により治療法が異なります。

しわ、くすみ、若返りの治療

老化に伴い肌は衰え「しわ」「くすみ」が出てきます。表皮は次第に薄くなり、真皮は水分量が少なくなり皮下脂肪も減少するため、「ハリ」を失い「しわ」「くすみ」ができます。

この「しわ」「くすみ」を改善し若返りを図る・・・つまりアンチエイジング治療が今盛んに行われています。


しわ  
  • 表皮の表面の浅いしわ(主に乾燥による小じわ、ちりめんじわ)
  • 深くはっきりした「しわ」(真皮のコラーゲン・エラスチンが紫外線や加齢により傷付いている。)

にきびはなぜできるのでしょうか

にきびはなぜできるのでしょうか

主な原因・毛穴のつまり・皮脂分泌の過剰・男性ホルモン等の分泌促進・にきび菌の増殖etc

  1. 古い角質が皮膚の表面に溜まると皮脂は外に出られなくなり、白くてプリッとした白にきび(白色面皰)ができます。

  2. 毛穴の中に角質と皮脂が混ざって汚れが溜まった状態になります。これが黒にきび(黒色面皰)です。

  3. さらに毛穴の中に溜まった過剰な皮脂は、にきび菌を増殖させ炎症がおこり、赤くなっていきます。赤にきび(赤色面皰)さらに悪化すると膿が溜まっていきます。

当クリニックオリジナルビタミンA軟膏:にきびの原因となる毛穴の周囲を角化予防し、皮膚の生まれ変わりの正常化。そして皮膚の深い部分でのコラーゲン生成を促進して若々しい素肌を取り戻します。

10代のにきび思春期はホルモンの(特に男性ホルモンの)動きが活発で皮脂腺が発達する時です。皮脂もたくさん分泌されるため、額・鼻の周りににきびが出やすくなります。
大人のにきび思春期以降にできるにきびは<吹きでもの>とも言われています。
特にあご、口まわり、額にでやすく、赤く大きなにきびになります。

毛穴対策、主な治療法

毛穴の開きを即解決!!

若い世代では皮脂の分泌により毛穴が大きく目立ち、Tゾーンの開いた毛穴に皮脂が貯蓄し黒ずんだ毛穴になります。

ホルモンバランスの乱れだす40代以降になると皮膚は乾燥しやすく、それを補うために皮脂量が増加し、その上くすみが重なり開いた毛穴に皮脂と角栓が詰まってしまい、黒ずみを強調し凹凸した顔に拍車をかけます。


オリジナル毛穴引き締め軟膏:主成分はビタミンA誘導体の軟膏です。

たるみの治療

顔のたるみはどうしてできるのか・・・。

肌の老化は「加齢」「紫外線」「活性酸素」「ストレス」「疲れ」「喫煙」などによって起こります。

加齢によるものはコラーゲンの変性、女性の場合は女性ホルモン(エストロゲン)の減少により真皮が薄くなり、頬や目のした、下あごが垂れてたるみが生じる原因となります。

紫外線による老化は、波長の長い紫外線であるUVAが皮膚の深い層まで到達し、コラーゲンを変性させ、たるみを作る原因となってしまします。
また、ライフスタイルも原因の一つとされています。以上のようにたるみは加齢だけではなく、様々な要因によって引き起こります。

長年の蓄積がたるみとなり、目に見えてわかるようになってしまうのです。